頭皮ケアとスカルプフローラ

スカルプフローラとは、頭皮に住む常在菌の様子のことだ。

 

このスカルプフローラの状態が、頭皮の健康状態を大きく左右するという。

 

でも「フローラ」ってなに。

 

まず人間の身体には、あちこちにたくさんの細菌が住んでいて、群れを作っている。

 

細菌はちりぢりに住んでいるわけではなく、細菌ごとに固まるように住んでいる。

 

それを顕微鏡で見ると「お花畑」のように見えるため「フローラ」と呼ぶ。

 

有名なのは、腸内にある腸内細菌叢(腸内フローラ)だが、他にも皮膚やデリケートゾーンにもフローラがある。

 

そして実は、頭皮にもフローラがある。

 

頭皮フローラとは

頭皮フローラとは、頭皮に住む細菌の様子のことを言う。

 

頭皮は皮膚だから、皮膚フローラと同じ状態なのかというと、そうでもない。

 

というのも頭皮は、他の皮膚とは違った環境にあるからだ。

 

ヒトの身体に住む細菌は、大きく分けて

  • 善玉菌(ぜんだまきん)
  • 悪玉菌(あくだまきん)
  • 日和見菌(ひよりみきん)

という3つのタイプに分かれるのだが、場所によって目立つ細菌は異なる。

 

たとえば皮膚フローラでよく問題になるのが「黄色ブドウ球菌」という細菌だ。

 

この細菌は、アトピー性皮膚炎を酷くするらしい。

 

またデリケートゾーンで問題になるのが、デーデルライン桿菌(かんきん)と呼ばれる細菌で、この細菌が減るとデリケートゾーンの健康が損なわれるという報告もある。

 

つまり、同じ皮膚に住む常在菌でも、環境によって強くなる菌と弱くなる菌があるわけだね。


 

頭皮フローラのケア方法

 

頭皮細菌叢(スカルプフローラ)で問題になるのは、マラセチア真菌だという。

 

真菌とはカビの仲間ってことで、水虫の原因となるのも白癬菌(はくせんきん)という真菌だ。

 

マラセチア真菌は、脂漏性皮膚炎の原因菌とされていて、皮脂をエサに増える。

 

何らかの原因で頭皮の皮脂が増えると、マラセチア真菌も増えて、赤みや痒みが出る。

 

またフケも大量に出て、困ってしまうわけだね。

 

そのためスカルプフローラを整えるためには、皮脂を上手に取り除かないといけない。

 

ただし皮脂を取り過ぎると、こんどは頭皮が乾燥肌になって痒くなるため、なかなか難しい。

 

ということで、今日紹介するのはこちら。

 

すっぴん地肌 ナチュラルスカルプシャンプー

  • 頭皮のかゆみに悩んでいる
  • フケに悩んでいる
  • 脂漏性皮膚炎でシャンプーを探している
  • 頭皮の荒れ・赤みに悩んでいる
  • 髪にハリとコシを取り戻したい
  • 善玉菌を育み頭皮環境を整えたい
  • 女性向けのスカルプシャンプーを探している

脂漏性訴求

 

男性も使っているヒト、多いみたいだよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

広告