歳をとったら口臭の三大要因をチェック

歳をとったら、口臭に注意が必要です。

 

もちろん、口臭は誰にでもあるモノだから、歳をとらなくても、注意は必要です。

 

ただ歳をとると、もっと敏感にならないと行けません。

 

なぜなら歳をとるにつれて臭い鈍感になりがちだからです。

 

自分の臭いに気がつかないわけ

 

タダでさえ人間は、自分自身の匂いは意識しないように出来ています。

 

他人の臭いは分かるけれど、自分の臭いは分からないのです。

 

他人の臭い、食べ物の臭い、危険な臭い、良い匂い、、様々な「自分以外の臭い」に注意が向くように、自分自身の臭いには脳がキャンセルしてしまいます。

 

その結果、どんなに自分の口臭や体臭がひどくても、それに気がつかないわけですね。

 

さらに歳をとると、感覚器官の感度も衰えますから、ちょっとした違いなど分かりません。

 

そうしていつの間にやら、物凄く口が臭くなっていても、平気になっていたりするわけです。

 

口臭の三大物質とは

口臭は大きく分けて3つの臭いがします。

 

それが次の三大要因です。

 

硫化水素(りゅうかすいそ)

高校や大学の化学の実験で必ず登場する硫化水素。

 

硫化水素は口臭の原因の一つです。

 

腐卵臭(卵が腐った臭い)とか、温泉地の硫黄の臭いですね。

 

メチルメルカプタン

メチルメルカプタンは、メタンチオールとも呼ばれる、化学式 CH3SH の物質だ。

 

腐ったタマネギの臭いなどと表現されることもある。

 

口臭や、オナラの臭いの一つ。

 

ジメチルサルファイド/ジメチルスルフィド

(CH3)2S。

 

硫化ジメチルとも呼ばれる。

 

腐ったキャベツの臭いなどと表現される。

 

海の潮臭さも、硫化ジメチルが一因。


 

三大物質とも、硫黄絡みですね。

 

これらの三つの臭いは、口腔内や、肺や、胃腸から出てくるんですが、これを消臭できる口臭抑制成分が必要ですね。

 

ということで、今回ご紹介するのは、こちら。

 

東京医科歯科大学との共同研究開発から生まれた口臭予防ジェル「IKIREI(イキレイ)」

東京医科歯科大学共同研究商品。

 

人を対象とした唯一の口臭抑制効果エビデンスのあるCLO2成分が、長時間の口臭予防効果を実現します。

 

歯科医院、クリニックでも続々導入中です。

 

IKIREI


このエントリーをはてなブックマークに追加

広告