布団はダニの温床

布団はダニの温床です。

 

適度な湿気があって、しかも暖かい。

 

そんな布団の中で、ダニは大繁殖します。

 

そんな布団で眠ると、アレルギー性の病気にかかりやすくなる。

 

となると、健康のためにとる睡眠の質が、悪くなります。

 

でもダニって、皮脂やアカなどをエサにして増えるので、布団を余程清潔にしておかないと、そう簡単には退治できません。

 

歳をとると、布団の中で過ごす時間も長くなりますし、要介護になれば、さらに寝たきりです。

 

これは本当に困りものです。

 

布団からダニを追い出す一番良い方法は、布団の丸洗いだそうです。

 

次に良い方法は、天日干しの後に掃除機を丁寧にかけること。

 

布団乾燥機や電子毛布のダニ退治モードで、ダニを熱で退治した後、掃除機を掛けるのも良いらしい。

 

ではどのくらいの頻度で、ダニ退治をすれば良いのか。

 

ダニの寿命はおよそ3ヶ月程度で、卵から成虫になるまでおよそ3週間。

 

成虫になると卵を産み始めるわけですから、少なくとも2週間に一回くらいは、徹底的なダニ退治をしないといけない。

 

ところがこれって、かなり面倒な話ですよね。

 

じゃあどうすれば良いのか。


 

ダニが熱に弱いのは、実は乾燥するからです。

 

ダニは湿気を好みますが、ダニ自体も水分量が多いんです。

 

そこで天日干しや布団乾燥機の熱によって、ダニの身体から水分を蒸発させて殺すわけですね。

 

となると、ダニ退治には、ダニを捕まえて乾燥させれば良いワケです。

 

ということで、ダニを捕らえて乾燥させて処理するグッズが開発されました。

 

ダニ捕りロボとは?

ダニの専門機関「日革研究所」が研究開発した『ダニ捕りロボ』は、世界で初めて「ダニをおびき寄せるだけではなく、乾燥までさせる」ダニ捕獲方式として、日本とアメリカで特許を取得しています。

 

化学性殺虫成分ゼロで安心!

商品に使用している誘引剤は食品粉末、ビール酵母、食品添加物など自然由来の成分で作られています。

 

化学性殺虫成分を全く使っていないので、お子様やペットにも安心してご使用でき、国内外の検査機関で各種安全性が立証されています。

 

商品に入ったダニを100%退治する

商品内に入れば、ダニを100%乾燥退治するという優れ物です。

 

「100%」という数字は、JISに準拠した「防ダニ試験(インテリアファブリックス性能評価協議会)」で「ダニ増殖抑制率100%」として証明されています

ダニ捕りロボ


このエントリーをはてなブックマークに追加

広告