日本の医者が、健康のために食べているものトップ10

健康に良い食べ物とは、一体何だろう。栄養学では、10年ごとに以前の定説が否定されて、価値観が180度変わるようなことも珍しくない。そのため、10…

【画像】小バエ発生 めんつゆと台所洗剤で大量捕獲成功!

小バエが五月蠅く飛び交う季節になった。五月蠅い(うるさい)とはよくぞ言ったモノで、五月のゴールデンウイーク明けくらいから、観葉植物をおいて…

慢性炎症 肥満が身体に悪い理由と炎症を抑える食べ物とは。

食べ物には、炎症性食品と、炎症を抑える食品があるという。炎症とは、身体にバイ菌や異物、ウイルスなどが侵入したときに、発熱したり腫れたりする…

コグニサイズ コグニラダー

コグニサイズ(cognicise)とは、認知症予防プログラムで、運動と認知トレーニングを組み合わせたモノだ。コグニサイズは、認知を表すcognitionに、…

コグニサイズ(cognicise)とは

コグニサイズ(cognicise)とは、認知症予防プログラムで、運動と認知トレーニングを組み合わせたモノだ。コグニサイズは、認知を表すcognitionに、…

身体活動量不足 座りすぎリスク パソコンやテレビの見過ぎが危ない?

「座りすぎの害」も、寿命を縮める一つの要因だ。特に日本人は、一日7時間も座っていて、それが健康の大問題になっている。座業、すなわち椅子に座…

ゲーミングチェアで、血栓症やエコノミークラス症候群は予防できる?

血栓症は、我々年寄りにとって、もっとも怖れるべき病気の一つだ。歳をとるにつれて、我々の血管は硬く脆くなる。これがいわゆる「動脈硬化」なわけ…

小児科の発熱外来で、コロナ検査 受けてきた

発熱外来に行って、コロナウイルス抗原検査してきた話その2。ある朝、目覚めてみると、身体が動かない。体温を測ってみると、38度4分の高熱。そこ…

発熱外来、予約が取れない。そんな時に見つけた穴場クリニックとは。

発熱外来に行って、コロナウイルス抗原検査してきました。ある朝、起きてみると、身体が動かない。体温を測ってみると38.1度の高熱で、「あれ、体温…

新型コロナでなくても、熱が出たら10日休み?職場復帰までの道のりとは

発熱すると、10日間は仕事を休まねばならない。そんな時代がやってきた。昭和生まれのオジサンからしてみると、熱なんか、下がったら、さっさと仕事…

ゆで卵をフライパンで簡単に作って糖質制限

ゆで卵は、糖質制限食には便利なアイテムだ。卵1個で6グラムとか7グラムくらいのタンパク質が取れる上、炭水化物はほとんど含まれていない。炭水化…

ヒマシ油重曹で、首イボが取れる?

皮膚で気になるのが、首に出来るイボ、いわゆる「首イボ」だ。40代前後から、首やデコルテゾーンに出来ることが多く、老化と紫外線が原因だと考えら…

ローズマリー軟膏で肌荒れシワ対策 ウルソール酸の力とは

ローズマリー軟膏が、密かな人気だそうだ。ローズマリーと言えば、西洋の肉料理や魚料理などに使われるハーブだ。消臭作用や抗菌作用などを持ち、肉…

エムトール/エムトアとHMB 筋肉を増やすサプリの正体

mTOR(エムトール、またはエムトア)は、筋肉内の筋細胞内にある物質だ。エムトールは、タンパク質の合成や細胞分裂を調整するシグナル物質で、エム…

タンパク質たっぷり 宅配メニューはこちら

歳をとったら、栄養不足になりがち。飽食の時代に栄養不足、栄養失調なんて、あり得ないと思っても、食べなければやっぱり栄養不足になる。特に重要…

ふくらはぎを鍛えて、貧血や立ちくらみ対策

ふくらはぎを鍛えることは、貧血や立ちくらみ予防に役立つという。歳をとると、貧血や立ちくらみは致命傷になりかねない。ただでさえ足腰が弱ってい…

ダニを薬を使わずに除去して健康睡眠

布団はダニの温床です。適度な湿気があって、しかも暖かい。そんな布団の中で、ダニは大繁殖します。そんな布団で眠ると、アレルギー性の病気にかか…

シミ シワは、遺伝子を調べて対処

ヒトに個性がある様に、ヒトの肌にもタイプがあります。乾燥しやすい肌、シミが出来やすい肌、シワが出来やすい肌、湿疹が出来やすい肌、などなど、…

ネックエステミスト 吹きかけるだけで首のシワ対策

首のシワ、なんとかしたい。首のシワ、薄くしたい。年齢は首のシワに表れるし、鏡を見れば、それを毎日、目にすることになるし。特に女性の場合、細…

【画像注意】慢性痒疹 3年たったらこうなった

慢性痒疹(ようしん)に悩まされ始めて早3年が経った。3年経ってどうなったか、久々に風呂上がりに画像を撮ってみた。3年経って、痒疹はキレイにな…

プロテオグリカンで保湿・美白・シワ予防

プロテオグリカンとは、プロテイン(タンパク質・アミノ酸)と、グリカン(多糖類)が結びついた化合物だ。細胞の外側にあって、細胞を支える働きを…

栄養のことは、ボディービルダーに聞け?

オルトレキシアとは、「正しい食事」にこだわるあまり、偏食に陥ることだ。オルトレキシアになる原因は、栄養学的な知識が無いまま、身体に悪いと言…

熊本県の温泉 泉質一覧(124)その2

山鹿灯籠の湯 (やまがとうろうのゆ)温泉地名山鹿温泉 (やまがおんせん)所在地山鹿・平山・植木 (熊本県山鹿市鹿校通2‐5‐9)泉質アルカリ単純泉、…

ゆる体操はインナーマッスルの運動?

ゆる体操の創始者、高岡英夫先生のテレビ出演での紹介。椅子に座って行う、足首クロスすりすり体操なるもの。靴を脱いで、椅子に浅く座って、足を前…

九州の弱アルカリ性低張性泉

上伊万里温泉 (かみいまりおんせん)温泉地名伊万里温泉・上伊万里温泉 (いまり・かみいまりおせん)所在地伊万里・有田 (佐賀県伊万里市大坪町丙12…

九州の硫酸塩泉・硫黄泉 温泉一覧

唐津温泉 (からつおんせん)温泉地名唐津温泉 (からつおんせん)所在地唐津・呼子・玄海 (佐賀県唐津市大名小路5-10)泉質硫酸塩泉唐津温泉の特徴福…

南九州の炭酸水素塩泉 温泉一覧

さがら温泉 (さがらおんせん)温泉地名さがら温泉 (さがらおんせん)所在地人吉・球磨 (熊本県球磨郡相良村)泉質炭酸水素塩泉さがら温泉の特徴「相…

ぬかに含まれるフェルラ酸が、脳を守る?

フェルラ酸は、米ぬかや小麦のふすまなどに含まれるフェノール類(芳香族アルコール)だ。植物の細胞壁の中に存在して、リグニンというフェノール性…

認知症改善にホスファチジルセリンは期待薄

脳に良い成分・栄養素は、脳に多い成分だと考えられる。たとえばDHA(ドコサヘキサエン酸)は、眼球と脳に集まっている成分だ。同じオメガ3系統のα…

足の指で地面をつかむ

武術には基本功(きほんこう)というのがある。基本功というのは、簡単に言うと超基本的トレーニングのことである。普通のスポーツで言うと、筋トレ…

笑いヨガ 自然な笑顔を作るコツ

笑いヨガでストレス解消。笑うことによる健康効果はいろいろ確認されているが、基本的に「本物の笑い」でないといけないらしい。心から笑わないと、…

笑いヨガ ラフターヨガで毎日笑おう

インドで編み出された笑いヨガ(ラフターヨガ)。笑うことでストレスホルモンを押さえ、幸せホルモンであるセロトニンを増やす効果があるらしい。や…

魅せ方プロデューサー服部彩香のストロビクス

ストロビクスとは、魅せ方プロデューサーの服部彩香さんが考案したストローを使った表情筋トレーニングだ。 やり方は簡単で、ストローを前歯で軽く…

24式太極拳【動画】(23)十字手・収勢

24式健康太極拳、第23式・24式は、十字手と収勢です。これで24式は終わりになります。この辺りは技と言うより、心身を落ち着ける動作でしょうね…

24式太極拳【動画】(22)如封似閉

24式健康太極拳、第22式は如封似閉(ルーフォンスービィ)です。相手の両腕を封じて突き放す技のようです。動画では右拳で突いた状態から、掌を…

24式太極拳【動画】(21)転身搬攬捶

24式健康太極拳、第21式は転身搬攬捶(バンランツェイ)です。捶(ツエイ)というのは「拳でたたく」という意味だそうです。搬攬捶の意味は、裏…

子供には肉・魚・そして野菜

親が子供に介入すべきことの続き。 子どもたちの行動を修正する大人によって使われているダイエットのための行動戦術がある。 これは子どもたちも…

子供の過食症や拒食症に気づく方法

あなたがする必要があるのは彼らの問題の根っこに至ることである。 そして彼らと彼らが彼ら自身をどう感じているのか話し合うことである。 なぜ彼…

パニック発作は深呼吸では収まらない

パニック発作は心臓をきゅーっと締め付けます。発作と名が付くものはみんなこうです。しかし心臓自体に問題があるのではない。なので呼吸を整えてみ…

ペットを飼う・星を見る・キャンドルライトをともす

ストレスを管理する方法、あと少しあります。(23)犬あるいは猫と遊んでください。専門家が、ペットの飼い主は長生きできるし、ストレスが減ると…

太股のむくみを取るリンパマッサージ

太股のむくみは、リンパ液の滞りだと言います。 リンパの問題であれば、リンパマッサージで、リンパ液をリンパ節にドンドン送れば解決します。 リ…

肩胛骨をスムーズにして手を長くする

スタイルのいい人は、手が長いという印象ありませんか?姿勢がいい人というのは、手足が長いという印象、ありませんか?でも実際よく見たり比べてみ…

アンミカ流・肩胛骨ストレッチ

美魔女さんに共通していることは、必ず運動をやっていること。 名古屋の美乳美魔女・原志保さんは、自分の経営する加圧トレーニングジムで週1回の…

下半身やせ、一日一分で実現。その脅威のトレーニング法とは

下半身やせ・脚痩せって、なかなか難しいですよね。特に女性の場合、下半身に脂肪が付きやすくなっているので、油断するとすぐに脂肪が付いて太くな…

前屈のコツいろいろ

股関節を柔軟にするコツとしては色々あるわけですが、いきなり柔らかくなったりしないので、少しずつ柔軟性を高めていく必要があるようです。そんな…

前屈のコツ、フェルデンクライス式

股関節や太股のウラなどを伸ばすのではなく、身体の他の部分に働きかけて、前屈を楽にするコツというのもあります。たとえばこちらはフェルデンクラ…

親が子供の生活に介入すべきこと

子どもの肥満を扱うプログラムはまれに体重を減らすことをゴールとしている場合がある。 これは数ヶ月や数年で子どもが成長するのに合わせ体重増を…

タンパク質だけは絶対に食べさせる

子どものダイエットには拒食症や過食症以外にも問題がある。 多くの十代の子どもたちは彼らが食事に関連した問題を持っていることを否定するだろう…