如封似閉

24式健康太極拳、第22式は如封似閉(ルーフォンスービィ)です。

 

相手の両腕を封じて突き放す技のようです。

 

動画では右拳で突いた状態から、掌を上向けるという形で始めていますが、練習のために両足を揃えた状態から始めます。

 

両手で相手を突き放すときは、バスケットのチェスト・パスのイメージです。

 

(両足を揃えた状態からスタート)

  • 左膝の力を抜いて左足を前に出し、カカトを地面に付ける。

     

  • 両手を掌上向けにしてクロスする。

     

  • 左足を少し前に進めて足裏を全部地面に付け、左弓歩になる。

     

  • このときに同時に両掌を上向けたまま、目一杯前方に差し出す。

     

  • 限界まで手が前に出たら両掌を下向けに返し、今度は左膝を伸ばす。

     

  • 左足のつま先を上げてながら、体重を後ろ足に移す。

     

  • 両手は掌を下向けのまま水平に胸前までまっすぐ引く。

     

※両手を引くときは、なるべく肘を伸ばしたまま足腰の力で引き、惰性で胸の前まで引いて来ます。

 

  • 両手を胸前まで引いたら、そこから掌を前に向ける。

     

    (バスケットのチェストパスの手)。

     

  • そのまま下に下げてから、斜め上方向に両手を走らせる。

     

  • 足は同時に左足に重心をかけ、左弓歩になる
人間の身体というのは下から上への攻撃に弱いので、両手で押すところは、前に押すのではなくて、ほぼ上向きに擦り上げる方が、相手を崩しやすくなります

 

※合気上げの原理です。

 

如封似閉〜十字手〜収勢 動画

NEXT:24式太極拳【動画】(23)十字手・収勢

このサイトは、下手の横好きの頭でっかちな武術マニアが、好き勝手に書いているサイトです。各流派・各門派にはそれぞれの考え方がございますので、参考程度にごらんいただければ幸いです。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』