雲手 動作説明

24式健康太極拳、第10式は雲手(ウンシュー)です。

 

雲のように手を動かすという技。

 

簡化太極拳では左に4歩動いていますが、四正太極拳の本では、スペースがなければ、右に動いても良いようなことが書いてあります。

 

なので私はいつも左に2歩、右に2歩動いてやっています。

 

(単鞭からのつづき)

  • 左手首を緩めて、左手を人差し指を先導させて下向きにスイングさせて右へ送る。

     

  • 左膝の前を通り、右の肋骨の近くまで動かす。

     

  • それと同時に重心は右足に移し、右膝を曲げる。

     

  • 左手が右の肋骨近くまで来たら、右鉤手をほどいて掌にし、
  • 左人差し指を先頭に、掌を下向きのまま右へ目一杯伸ばす。

     

  • 目線は右人差し指に残し、注意は右掌に置く
  • 左手を人差し指主導で上に動かし、右肘の前を通して正面右の目の高さまで上げる。

     

  • このとき掌は内向きに返す。

     

  • さらに今度は左手を左方向に動かし、胴体も左手の上昇に合わせて伸ばしていく。

     

  • 左手が正面まで来るとき、体重は右足は自然に左足方向に移っていく。

     

  • そして体重は正面で左右均等になる。

     

雲手から単鞭 動画



雲手 動画

太極拳、雲手のつづき

  • 左手が身体の正面に来たら掌を前向きにひっくり返して、
  • 小指を先導させて左方向に動かしていく。

     

  • このとき体重も徐々に左に移って、左膝も軽く曲げる。

     

  • 左手は最終的に肩の高さになり、掌も下向きになる。

     

  • 右手は右膝から弧を描くように動かして左膝の前まで持っていく。

     

  • 体重は左足に乗せ、目線は左人差し指に置き、注意は左掌に置く。

     

  • 左膝の前にある右手を人差し指主導で、左肘の内方向に動かす。

     

  • 出来る限り正面左まで動かし、胴体も手の上昇に合わせて伸ばしてく。

     

  • 右足はカカトを上げ、左足の隣へ移動させる。

     

  • 右手は動きを止めず、今度は右側方向に動かす。

     

  • 右手が身体の正面に来たら、重心は左右均等に乗る。

     

  • さらに右手が正面右側に来たら、重心は右足に移るので軽く右ヒザを曲げる
  • 右手が右端に来たら、肩の高さを押す。

     

  • 左手は左膝前から弧を描いて右膝前まで持ってくる。

     

  • それと同時に左足を左にだし、つま先を地面に付ける。

     

  • 全体重は右足に乗り、視線は右人差し指に、注意は右掌に向ける。

     

ここまで来たら、最初の所に戻ったことになるので、もう一回繰り返す。

 

雲手〜高探馬 動画

※示範の「がおーたんまっ」というのが、なんか可愛いですね。

 

NEXT:24式健康太極拳【動画】(12)高探馬

このサイトは、下手の横好きの頭でっかちな武術マニアが、好き勝手に書いているサイトです。各流派・各門派にはそれぞれの考え方がございますので、参考程度にごらんいただければ幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加