24式太極拳 起勢(チーシイ)の動画

24式健康太極拳の1番目は「起勢(チーシイ)」だ。

 

チーシイとは「始まりの姿勢」と言う意味。

 

予備式とチーシイをまとめて一つにしている場合もある。

 

動作自体は非常に簡単で、テーブルクロスを両手でつまみ上げて、かるくバサッと振るようなイメージだ。

 

ウースタイルの本(英語)には、こういう風に載っている。

 

  • まず両手の指先について考える。

     

  • 指の関節をリラックスさせる。

     

  • 指全部を自然に伸ばす。

     

※この時点では、掌は体側すなわち股関節の外側当たりにある。

 

  • そして指の腹を集めて、それぞれの掌の下に向ける。

     

  • その瞬間、指に弾みが感じられるので、それを利用して両腕を自然に前に上げて、肩の高さまで持ってくる。

     

  • このとき両腕の間隔は肩幅になっているはず。

     

※指の腹を集めるというのは、指の隙間を閉じると言うことらしい。

 

そう言えば昔、大東流の先生が、指を開くと力が逃げるとかおっしゃってたな。

 

逆に言うと、指を閉じると力が集まるって言うことらしい。

 

  • この間、視線や重心は動かさない。

     

  • そして心は両掌に焦点を合わせる。

     

  • 身体の感じは、胸が心地よいはず
前半はここまで。

 



24式太極拳 起勢(チーシイ)の動画

太極拳、チーシイの続き。

 

  • 体側に垂らした両手の指の間隔をギュッと閉じて、その反動利用して両腕を前の方に上げていく。

     

  • 肩の高さまで上げたら、両手の甲を意識する。

     

  • あとは自然に両腕を落として、親指を太股の骨の横で止める。

     

  • 指先は前方に向け、肘は少し曲げる。

     

※腕を上げるときは両手の手のひらに意識を置くが、下げるときは両手の甲の中心に意識を置くと言うことらしい。

 

  • 同時にひざの力を抜き、徐々に胴体を低くして4分の1スクワット状態になる。

     

  • 膝頭はつま先の垂直面まで持ってくる。

     

  • 下っ腹は少しだけ引いて、目線は前に向ける。

     

※つま先の垂直面というのは、足のつま先の所に垂直な壁をイメージして、それを越えないようにするという意味だと思う。

 

どの程度かは、壁やふすまに向かって両足のつま先を付け、ひざを曲げてみればわかる。

 

  • 重心は両足にかけたままにする。

     

  • 心は手の甲の中心にある「外労宮」に焦点を合わせる。

     

と言うことで動画。

 

これは太極気功のやり方らしい。

 

起勢(チーシイ)の動画

NEXT:【動画】24式健康太極拳(2)野馬分鬣
このサイトは、下手の横好きの頭でっかちな武術マニアが、好き勝手に書いているサイトです。各流派・各門派にはそれぞれの考え方がございますので、参考程度にごらんいただければ幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加