高探馬 動作説明

24式健康太極拳、第12式は高探馬(がお・たんまっ)です。

 

高探馬というのは、馬に乗る前に、馬の背中をなでて様子を探る動きと言うことらしいです。

 

(単鞭の終わりから)

  • 右手は鉤手をほどき掌を下向きにして降ろす。

     

  • 人差し指主導で右膝前から弧を描いて左膝前まで旅させる。

     

  • さらに右手首が肩の高さになるまで上げる。

     

  • そこで左掌を右に向けて、掌どうしが向かい合うようにする。

     

  • 指先は左向きで、掌の間隔は肩幅くらい。

     

  • このとき体重は右手が左に旅するのに従って左足に移す。

     

  • 目線は左向けて、注意は左掌に集める。

     

※ここまでは何となくわかりますが、ここからの説明がわかりにくい。

 

  • 左手首の力を抜いて、、指を半分曲げる。

     

  • 胴体はまっすぐにして体重は左右均等にかける。

     

  • 右肘を先導させて胴体を正面に向けていく。

     

  • 次に右ヒザを曲げて体重を右足に移し、右手が右膝の上に来るくらいようにする。

     

  • その間に左手は、左手首を先導させて左手を左膝の上に止める。

     

  • 両方の掌を下向け、右朴歩になる。

     

  • 左足は今、自然に伸びて、上体は直立を保つ。

     

  • 目線は正面左を向き、注意は右掌に置く。

     

うーん、本の挿絵と説明文がなんかしっくり来ないな、これ。

 

四正太極拳の本の形とも全然違うし。

 



高探馬 動画

高探馬ほど門派で違う技はない。

 

なので何が高探馬なのか、色んな動画をみてもよくわからない。

 

ただし下の高探馬の用法の動画を見る限り、これって柔術や合気道などによくある腕取り(肘関節を押さえて制する技)の手の使い方が高探馬ってことのようだな。

 

それなら両手の掌を向かい合わせたところからが「高探馬」ってことになる。

 

両手の平で正面に向かって大きな「つ」の字を描く…という感じで充分じゃなかろうか。

 

こういう柔術技を練習した経験のある人には、この説明でわかってもらえるかも。

 

高探馬 用法動画

高探馬 動画(24式健康太極拳)

NEXT:24式太極拳【動画】(13)右トウ脚
このサイトは、下手の横好きの頭でっかちな武術マニアが、好き勝手に書いているサイトです。各流派・各門派にはそれぞれの考え方がございますので、参考程度にごらんいただければ幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加