24式太極拳 予備式

太極拳は両足を揃えて閉じたところから始める。

 

なのでまず足を開いて演武の準備をする。

 

この動作を予備式(ユイペイシー)と呼ぶが予備式というのは一種のスイッチのようなもので、「これから練習するぞ!」ということを身体に命令する役割もある。

 

具体的にはどうやるかというと、まず両足を揃えてリラックスして立つ。

 

目線は前方に向ける。

 

重心は太極拳 重心は足裏のどこに置く?で書いたが足の内側のライン(足の親指と人差し指の間とカカトを結んだライン)に乗せる

 

私などは足の外側に重心が乗る悪い癖が付いているので、思い切って小指側を浮かせて練習したりしているが、その辺はご自由に。

 

そこから身体をかすかに右に寄せる。

 

鼻先が右足のつま先の上に来るようにする。

 

友達からもらった香港土産のウースタイル太極拳の本(英語)には、尾てい骨を右足カカトの真上に持ってくる、という風にも書いてある。

 

身体を右に寄せると重心は当然右足に移るので、そこで自然に左足を左横に出してつま先を地面に付ける。

 

自然に横に開くと肩幅程度の足幅になる。

 

このときなぜか、意識は右手の小指の先に置くと書いてある。

 



右手の指と左足の指を連動させる

太極拳の予備式のつづき。

 

足を揃えたところから身体をわずかに右に寄せて、鼻先を右足のつま先の真上に持ってくる。

 

左足を左横に出してつま先を地面に付けるのだが、そこで右手の小指に意識を集中させる。

 

体内の感覚としては、右半身は緊張した上体で、左半身はリラックス状態だと言うことだ。

 

右手の小指に置いていた意識を今度は薬指に移す。

 

そして中指→人差し指→親指と順々に移して、最後に掌底に移す。

 

それと同時に左足のつま先を順々に地面に付けていく。

 

足の人差し指、中指、薬指、小指、そしてカカト。

 

そうして左足のカカトが地面に付いたとき、体重は左右の足に均等にかかるようにする。

 

要するに右手の指と左足のつま先を連動させろって事らしい

 

予備式だけで、けっこう色々注意点があるんだね。

 

まあ適当にやっても良いんだろうけど。

 

ということで太極拳の動画。

 

24式健康太極拳の動画

NEXT:【動画】24式健康太極拳(1)起勢
このサイトは、下手の横好きの頭でっかちな武術マニアが、好き勝手に書いているサイトです。各流派・各門派にはそれぞれの考え方がございますので、参考程度にごらんいただければ幸いです。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』