白鶴亮翅は一瞬の技。

24式健康太極拳、第3式は白鶴亮翅(パイフー・リャンチー)です。

 

白鶴亮翅とは「白い鶴が羽を広げる」という意味です。

 

ウースタイルの本には「コウノトリが羽を広げる」という名前で載っていますね。

 

鶴というのは東アジアにしかいないので、英語で表現するときはコウノトリ(stork)に替えているのかも知れません。

 

技の動作は見た目、一動作で終わりです。

 

24式(楊式)では手のひらを上に向けたまま開きますが、陳式では手のひらを外向けに向けて開くという違いがあります。

 

白鶴亮翅の動画

これは陳式の動画ですね。

 

  • まず左足に重心を乗せて、胸前で水平に両腕をクロスします。

     

  • 両肘を合わせるような感じで、左手が上で右手が下。

     

    手のひらは上向きです。

     

  • そこから両手の平を外旋させて外に向けます。

     

  • 重心を右足に移しながら、右手を右斜め上に挙げていきます。

     

※陳沛山老師の本には、足の形は円トウを保ち、両腕で斜めのリングを描くように、と書いてあります。

 

こちらは用法ですね。

 

やはり一瞬の技です。

 

片手で相手の攻撃をいなして、もう一方の手で相手を捌くという感じでしょうか。

 

技が短いので、三合を意識して練習しないと、意味がなさそうですね。

 

NEXT:【動画】24式健康太極拳(4)左右楼膝拗歩



このサイトは、下手の横好きの頭でっかちな武術マニアが、好き勝手に書いているサイトです。各流派・各門派にはそれぞれの考え方がございますので、参考程度にごらんいただければ幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加