食事障害の兆候とは

あなたがする必要があるのは彼らの問題の根っこに至ることである。 

 

そして彼らと彼らが彼ら自身をどう感じているのか話し合うことである。 

 

なぜ彼らがそのような方法で体重を減らす必要があると感じているのか見つけてください。 

 

そしてこの問題と戦うための手助けができる方法を見つけることができる。 

 

しかしながら拒食症や過食症にかかっている人々は一番プロの助けが必要であろう。 

 

今や自助グループは山ほどありこれらの食事障害を援助している。 

 

もし自分の十代の子どもが食事障害になっていたとしたらそれをどのように知ることができるだろう。 

 

運の悪いことにほとんどの人々が特に子どもたちが食事障害に関係する症状を隠すのがうまいのである。 

 

しかし以下のことによってその兆候をしることができるのである。 

 

(1)皮膚の色。 

 

健康的に輝いているかあるいは鈍く青白くなってないか?(2)目が輝いているか鈍っているか。 

 

(3)髪の毛。 

 

鈍く平らで細くなっていないか?(4)手足。 

 

爪はきれいかそれとも肌や骨のような色になっていないか?(5)元気が無くなっていないか?(6)十代の女の子のばあい生理周期がおかしくなっていないか?NEXT:子どものふるまいをチェックしよう



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂