続・子どもの過食症・拒食症に気づく方法

子どもが過食症や拒食症であるか気づくには別の方法もある。 

 

これによって子どもが過食症であると判断できるかもしれない。 

 

子どもは自分の食べたものを持っているために歯ぐきの近くに空洞を作っている。 

 

だからもしあなたが彼らのトイレで何をやっているか観察することができれば彼らがよくものを食べたあとにトイレに行って食べたものを吐きだしているかどうかを調べられるだろう。 

 

また彼らは頻繁に歯磨きしていないだろうか?それをするのは彼らが自分自身を病気にすることを望んでいないからである。 

 

あるいは下剤を使っていて便がゆるゆるだったり胃けいれんになっていないだろうか?拒食症になっている十代の子どもたちはよく自分の皿の食べ物で遊んでいる。 

 

あるいはお腹が空いていないと言うか友達と外出するときにもっと早くという。 

 

別の子どもたちは朝食を抜いてるかもしれない。 

 

そして学校へ行く道の途中に大急ぎで何かを食べるだけにしているかもしれない。 

 

さもなくば学校で昼ご飯を食べていないかもしれない。 

 

もしそうなら彼らはあなたが見ていないとわかるやいなや弁当を捨ててしまう。 

 

もし彼らが学校で食事を取っているなら学校にちょっとチェックしてもらおう。 

 

そして可能であれば彼らの友達に話しかけ彼らといるときに彼らが食べているものを見つけよう。 

 

しかしながらあまり詮索しないことが重要である。 

 

さもなくば子どもたちはさらにその問題を隠そうとしてしまうから。 

 

可能であれば彼らがインターネット上で読んでいるものやその履歴をモニターしよう。 

 

NEXT:タンパク質だけは絶対に食べさせる



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂