子どもの肥満が増えている

1990年代の終わり頃からアメリカでは肥満が劇的に増え続けている。 

 

これは年齢に関係なくそうなのである。 

 

アメリカの国立健康研究所(NIH)の行った健康統計による情報収集と分析によるとおよそ900万人の子どもたち6歳から19歳の間で割合にして15%が太りすぎである。 

 

そしてこの数字は1999年と2000年の間に集められた情報によってもまだ増えていてしかもこれは1980年の数値の3倍にもなっている。 

 

またさらに15%の子どもたちが太りすぎ予備軍であることも示している。 

 

肥満は一般的に青少年がやる無秩序の食欲によって引き起こされる。 

 

もちろん十代の青少年の場合は、体重が増えたらすぐに健康問題となるワケではない。 

 

子どもの場合通常は大人のようにすぐに健康問題になるというわけではない。 

 

ところが十代の青少年の肥満は今や大人と同様にの問題となりつつある。 

 



肥満はイジメの原因にもなりやすい

太りすぎは十代の青少年だけでなく実際は全世代の太りすぎが問題である。 

 

というのも肥満はいくつもの異なった健康問題のリスクを抱える事になるからである。 

 

どのようなものかと言えば

  1. 心臓病Heart Disease
  2. 糖尿病Diabetes
  3. 高血圧High Blood Pressure
  4. 不整脈Strokes
  5. いろんな形のガンSome forms of Cancer
である。 

 

肥満の若者は物理的に太りすぎだと言うだけではなくたいていは健康的にも良くない。 

 

太りすぎの人間の多くはまた正常な体重の人間と比べて平均寿命も短めである。 

 

それに加えて社会的な無力や不幸につながる。 

 

これはストレスになる上にいくつかの場合に心理的な病気にもなる。 

 

また2004年に発表された詳しい研究によると太りすぎの子どもたちは普通の体重の子どもに比べていじめにも巻き込まれやすい。 

 

しかも彼らはいじめの犠牲になるだけでなくいじめの犯人にもなるのである。 

 

彼らが太っている自分を発見し他人には太っているという体格のイメージがどの若者にとっても大きな問題となるのである。