子どもには、食習慣や運動の習慣の教育を!

子どもの肥満を扱うプログラムはまれに体重を減らすことをゴールとしている場合がある。 

 

これは数ヶ月や数年で子どもが成長するのに合わせ体重増をゆっくりにさせたり増えないように狙っている。 

 

十代の子どもの20%くらいは体重が過剰であると見積もられているのでこれを一年半ほどで落としそして彼らの理想体重に近づけていこうと言うものである。 

 

だから早期の介入が特に価値があるのである。 

 

子どもたちに食べる習慣や運動する習慣を作ってやると言うことが大人より何倍も簡単だから。 

 

親が使える3つの介入の形

肉体的活動
標準的なエクササイズのプログラムを適当な形にすることやもっと単純に激しくすることによって脂肪を燃焼し子どもたちが使うエネルギーを増やすことができる。 

 

研究によるとこのようなエクササイズは他の介入方法も一緒使うと子どもの体重を上手に減らすうまい方法となる。 

 

食事
子どもたちに劇的に摂取カロリーを減らすことを許してはいけない。 

 

この方法は心理的にストレスがある減量法であるだけでなく子どもたちの成長に悪い影響がある。 

 

子どもには標準的な食べ方を教えるべきだ。 

 

子どもたちにはバランスの良い食事が必要であり適度なカロリー制限が必要である。 

 

食べる脂肪の量を減らすのが最も良い方法である。 

 

太りすぎの子どもたちに適当な方法である。 

 

また食事による栄養の価値について子どもたちに教えることも必要である。 

 

だから子どもたちの食事をコントロールしそしてもっと運動をさせることが彼らの体重問題に対処するのにいいだろう。 

 

NEXT:子供には肉・魚・そして野菜



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂