子どもがダイエットで、栄養不足にならないように!

子どものダイエットには拒食症や過食症以外にも問題がある。 

 

多くの十代の子どもたちは彼らが食事に関連した問題を持っていることを否定するだろう。 

 

両親は今まで子どもに何の問題もなかったという記憶を捨てなければならない。 

 

子どもが特定の食べ物を好きでなかったり家族と一緒に食事をすることを嫌うようになったら子どもは変わったのだ。 

 

今日十代の子どもが菜食主義者になるような多くの圧力がある。 

 

痩せるためにサラダばかり食べたり野菜ばかり食べようというワケである。 

 

確かにそうすれば摂取カロリーは極端に少なくなるから痩せられる。 

 

ところがそうすると子どもの成長に必要な様々な栄養素が取れなくなってしまう。 

 

だからベジタリアンにも魚を食べることを許しているグループがあるということを子どもに教えよう。 

 

魚はビタミンB12や亜鉛鉄など青少年が成長するのに必要な必須栄養素を持っている。 

 

彼らにどの魚が一番良いかを見せたりそしてどれを減らすべきかを見せるのが賢明だ。 

 

肉と魚の両方を食べない子どもたちこそ親が介入すべきである。 

 

タンパク質は子どもの成長に欠かせないのである。 

 

そして健康な筋肉皮膚髪の毛を維持するのに必要なのである。 

 

最も良いタンパク源は肉や魚からのモノである。 

 

が肉や魚を食べない子どもたちは他のモノからタンパク質をとる必要がある。 

 

たとえばビタミンサプリメントなどから。 

 

ただし研究によるとサプリメントでとる栄養の質は食べ物から摂取する栄養と同じではないし肉や魚からとるタンパク質ほど良いものではない。 

 

親は上に書かれた事に関して関心を持つならば今が行動の時である。 

 

これを行う良い方法は子どもたちに適性に食べる理由を子どもたちにわからせることである。 

 

そして彼らが食べるべきものがなにか理解させることである。 

 

そして同様に食べる量や食べるときそして避けるべきモノを理解させることである。 

 

これは食べ物の重要性を子どもたちにより理解させるのに役に立つ。 

 

そして我々が健康的な肉体を持つために必要なモノを理解するのに役に立つ。 

 

そしてそれは自然に痩せる最も良い方法である。 

 

NEXT:親が子供の生活に介入すべきこと



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂