子どもの肥満は、食べ物と運動でよくなる

今日6歳から19歳のうち約15%の子どもたちが太りすぎかもしくは肥満である。 

 

これは1970年以来10%増えている。 

 

事実アメリカでは、900万人以上の子どもたちが高血圧や高コレステロールや2型糖尿病なのである。 

 

自分自身に否定的な自己イメージを持つのと同様にこれらの病気も大人になるまで続く。 

 

これまで行われてきた研究によると6歳の時点で肥満である子どもは50%の確率で大人になっても肥満になる。 

 

またその子どもの親の一方あるいは両方が太りすぎである場合この確率は80%まで上がってしまう。 

 

これらは太りすぎの子供を持つ親にとって心配な統計である。 

 

しかしながら良いニュースもある。 

 

大人たちが手助けすればこれらの子どもたちは助かる。 

 

彼らはより健康的な行動を教えられ食事の習慣や肉体的活動を教えられそして痩せるのである。 

 

彼らが消費する食べ物のタイプを様々なモノが選べるようにしてさらに肉体的活動の量も増やせば良い結果に結びつく。 

 

しかしながら標準的な食事を太り気味の子どもに与えるのはストレスがたまる。 

 

特に自分の子どもに厳しい食事制限を課すのはストレスだ。 

 

やるなら医学的見地と栄養学的な見地から良好であるというところに達するまでにすべきである。 

 

多くの小児科医たちは最も良いコースは太りすぎの子どもの体重を標準的なレベルにしてそれを維持しようとすることだと信じている。 

 

一度に体重を落とすことを避けて子どもたちの身長が伸びてより健康的なプロポーションになるまでじっくり取り組むのがよいと考えている。 

 

つまり子供の場合、体重を落とすよりも、身長が伸びるまで待って、そこからダイエットすべきだと言うことだ。 

 

ちょっとずつちょっとずつである。 

 

NEXT:子どもの肥満解消の4つのステップ



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂