子どもの肥満を解消するための簡単なルール(3)

子どもの肥満を解消するための簡単なルールの続き。 

 

(7)子どもたちが食べている食事の量を見守りましょう十代の子どもたちの食べているものの栄養バランスを整えるには分量が大きな問題です。 

 

子どもたちが満足を感じたときに食事を中断して食べるのをやめさせましょう。 

 

子どもが出した食事を全部食べないからと言ってしかってはいけません。 

 

たとえピザ一切れであろうとパスタ半分であろうと子どもたちがお腹いっぱいになったらそれで十分です。 

 

どのくらい食べるのか常に観察しておきましょう。 

 

(8)子どもたちが飲んでいるドリンクのカロリーを知りましょう平均的な缶入りソーダには150キロカロリーの熱量とティースプーン10杯分の砂糖が入っています。 

 

カロリーと糖分はフルーツジュースにもコーヒーにも他の飲み物にも同様に入っています。 

 

子どもたちにはもっと水を飲ませましょう。 

 

ソーダや砂糖入りのドリンクの替わりに。 

 

そうすればカロリーや砂糖を減らすことができます。 

 

(9)子どもたちをより健康的な生活スタイルに導きましょう子どもたちが友達の家で夜遅くピザを食べたり映画館でナチョスを食べたりするのを許すと健康的な食事のプランが崩れてしまいます。 

 

ですからその代わりに外出するときはブレッドスティックやガーリックトーストにするか友達とスナックを分けるかにするように言いましょう。 

 

子どもたちにうまくコントロールできているって事を知らせるのは重要です。 

 

ときどきで結構ですから「うまくいっているよOK」などとほめてあげてください。 

 

最も重要なことは彼らを健康的な生活スタイルに導くことです。 

 

これによって子どもの肥満を解消することができるのです。 

 

NEXT:食卓以外でモノを食べるのは禁止



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂