子供が食事障害に気を付けろ

子どものダイエットには危険が伴う。 

 

今日の多くの十代は雑誌のモデルのような体型を心に思い描く。 

 

テレビや映画のアイドルにならってカッコいい体型やアイドルたちが着ている衣服を着れるように自分の身体を思い描く。 

 

その一方で拒食症や過食症の危険にさらされている子どもの数はドンドン増えている。 

 

これらの病気は親にはなかなかわからない。 

 

拒食症や過食症が人々に対してどのような影響をもたらすのかを理解するのは難しい。 

 

というのもこういう病気の場合は見た目健康的であるからである。 

 

体重だって普通の体重だから。 

 

しかし多くの拒食症・過食症患者にとって彼らは自分自身を太っていると思っている。 

 

そして自分自身に対する信頼がなく、自分自身に対する評価が低い。 

 

彼らはもっともっと若いときに笑われたりしたことによってそうなったのかも知れない。 

 

また恥ずかしがり屋で上がり症なのかも知れない。 

 

しかし原因が何であろうと拒食症や過食症になった子どもたちは危険である。 

 

彼らの健康は危うい。 

 

たとえ今は良いかも知れないが人生のもっと後の時期に問題になるかもしれないのだ。 

 

このような食事に関する問題は早々に診断を下すべきではない。 

 

食べたくないと言う子どもたちには食べることを強制できない。 

 

そしてまた彼らが食べ物を吐いてしまうことを止めることもできない。 

 

NEXT:子供の過食症や拒食症に気づく方法



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂