子どもたちの行動を修正する

親が子供に介入すべきことの続き。 

 

子どもたちの行動を修正する
大人によって使われているダイエットのための行動戦術がある。 

 

これは子どもたちも使える。 

 

  1. 食べているものを自分でモニターして何を食べたか記録する
  2. 運動を増やす
  3. 食べるときにゆっくり食べる
  4. 食べる時刻と場所を制限する。 

     

    テレビやパソコンの前に座って食べるのを許してはいけない。 

     

    食べるなら食卓に座って食べさせる。 

     

  5. ちゃんとできたならご褒美やインセンティブを与える。 

     

最後にこれらのノウハウは十代の子どもたちを太りすぎから遠ざけるのにより簡単な方法である。 

 

だから使うべきである。 

 

子どもの肥満を予防するには栄養的によい食事とたくさんの運動を子どもに教育することに焦点を合わせよう。 

 

もちろん遺伝的な原因による体重問題を抱えている子どもにはこのような予防手段だけでは足りないかも知れない。 

 

そのようなときには親が子どもたちの自己イメージを高めることに焦点を合わせるべきである。 

 

彼らの持つ心理的な問題を解決しよう。 

 

あなたの子どもの肥満が解消できることを祈っています。 

 

(子どものためのダイエットおわり)


このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂