太りすぎによる、十代の若者の心理的問題

太りすぎの十代の若者たちの多くにとって肉体的健康や幸福は問題としては最も小さいものである。 

 

それよりも学校や住まいの近くで仲間から受けるいじめやののしりの方がより大きな問題なのである。 

 

多くのモノにとって他人が自分のことをどう思っているかが心配であるだけではなく実際に彼ら自身についても心配なのである。 

 

かなりのパーセンテイジの十代特に女の子が自分の体重について悩んでいる。 

 

テレビや雑誌で見るファッションモデルや女優に彼らはあこがれてそうなりたいと思っているが彼らはたいていかなり細身である。 

 

ここにある証拠がある。 

 

太りすぎの十代の若者がどれくらいのプレッシャーにさらされているかという調査だ。 

 

最近の調査が明らかにするところによると太っている十代の子どもたちの生活の質の割合は化学療法を受けている若年ガン患者の生活の質と同じくらい低い。 

 

別の研究によると彼らは自己評価が低く同じ年齢のグループから孤立している割合が高い。 

 

このことが結果としてふるまいの問題になる。 

 

つまりこれらの十代の若者たちは大学に行ったり結婚したりと言うことに熱心ではない。 

 

そしてより社会経済的に低いグループになりやすい。 

 

もっと悪いことには太りすぎの十代の若者の多くは自分自身に厳しいのである。 

 

そして他人からも良い扱いを受けないことが多いのである。 

 

2001年に行われたレイトナーとスタンカードの研究によるとこの状況はむしろドンドン悪くなっている。 

 

これら太りすぎの十代の若者たちはまたよく他の問題も抱えている。 

 

たとえば心臓の血管や整形外科や胃腸や呼吸やホルモンや神経やメタボリック・シンドロームに問題がある。 

 

これらは心理的問題を通して明らかにされる。 

 

そしてあなたはそのときこれらを扱う専門家に助けを借りなければならなくなるかも知れない。 

 

今日アメリカではいくつかの子どものための減量プログラムが存在するが心理的セラピーと組み合わさっているモノもある。 

 

肉体的健康と同様に十代の若者の自己評価を改善することも必要なのである。 

 

NEXT:子どもの肥満は食べ物と運動で治す



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂