子どもの肥満を解消するための簡単なルール(1)

子どもの肥満を解消したいなら従うべき簡単なルールがある。 

 

鍵となるのはもっと健康的な習慣である。 

 

今日十代の肥満は大きな問題となりつつあるわけだが親としてたくさんのできることがある。 

 

ここには十代の若者が体重を減らすための魔法のような処方はないが生活をより良くするために本当に良い鍵がありそれは大人になっても続けられるモノなのである。 

 

子どもに話そう
あなたの子どもが太りすぎだったとしたなら彼らはおそらく肥満に関心があるだろう。 

 

長期間の生活習慣によって高血圧だったり糖尿病だったりするということもあるが社会的・感情的な問題もそこにある。 

 

彼らが何を求めているのかそれをゆっくり理解して子どもに助け船を出そう。 

 

そして問題をコントロールする助けをしよう。 

 

自分の適正体重を教えよう
十代の女の子の多くにとって体重や見かけというのは非常にデリケートな問題なのである。 

 

彼女らはパーフェクトな肉体を持っているわけではない。 

 

彼女らは自分の適正な体重がどのくらいであるのかわからない。 

 

彼女らに必要なのは誰か他人の標準体重ではなく彼女ら自身の適性体重の情報である。 

 

太っているとか痩せていると言うことについて彼らと話すかわりにもっと健康的な体重を薦めるような行動に焦点を当てて励まそう。 

 

もしあなたが望むならばかかりつけの医者と話しそして十代の子どもの現実的なゴールを設定しよう。 

 

BMI(体重指数)に基づくものだ。 

 

そして年齢身長総合的な健康状態に基づいてあるべき体重を決めよう。 

 

10代の子どもにダイエット食品や薬品は使ってはいけない。 

 

あなたの十代の子どもに体重を減らす方法やそれを維持する方法を教えることによってダイエットを手助けしよう。 

 

流行のダイエットの多くは十代の子どもに必要な栄養素を奪いやすい。 

 

鉄分カルシウムなど成長している彼らにはたくさん必要なのだ。 

 

ダイエットできるという薬品は十代の子どもには与えてはいけない。 

 

これらには根本的な解決策ではない。 

 

これらの薬品の効果は短期間である。 

 

大事なことは彼らの習慣を長年に渡って変えることである。 

 

そのことによって彼らはダイエットに成功し標準体重を維持できるのだ。 

 

NEXT:運動を増やし、食事の質を高める



このサイトはアメリカの健康情報を翻訳したものです。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
おいしい青汁|青汁畑 みんなの肌潤風呂