下半身やせ、ちょっとした工夫で克服してミス日本出場。

下半身やせ脚痩せって、なかなか難しいですよね。

 

特に女性の場合、下半身に脂肪が付きやすくなっているので、油断するとすぐに脂肪が付いて太くなってしまいます。

 

余分なカロリーは、まず肝臓に貯まり、次は脂肪として下半身の筋肉に貯まり、最後に皮下脂肪となるんですが、女性の場合、とにかく下半身にたくさん脂肪が付きます。

 

なので相当やせないと、下半身やせというのは難しいんですが、あるテレビ番組で、二つのトレーニングを続けていただけで、20キロやせて、下半身デブを克服した女性が紹介されていました。

 

彼女の名前は、大下英子さん。

 

彼女は二つのトレーニングだけで、

  • ウエスト マイナス30センチ、
  • ヒップ マイナス20センチ
を実現したと言います。

 

これは興味津々ですね。

 



20キロやせて脚痩せに成功した彼女の方法とは

下半身デブを、たった二種類のトレーニングで克服して、スラッとした足を手に入れた大下さん。

 

彼女のやった脚痩せ方の一つ目は、片足立ち

 

片足で立って、もう一方の足を後ろに引いて20秒だけキープする。

 

たったこれだけだという。

 

両足合わせても1分しか時間がかからないので、エレベーターに乗っている間や、台所でお湯を沸かしている間でも、すぐにできてしまうような簡単なトレーニングですね。

 

具体的には

  1. 立った状態で、まず右足を前に出して、膝を伸ばします。

     

  2. カカトを地面に付けて、つま先を上に向けます。

     

  3. その状態を保ったまま、今度は真後ろに動かして、足を浮かしたまま、左足の後ろ側に持っていきます。

     

  4. この状態を20秒キープします。

     

  5. 足を下ろして、左右反対で左足も同じようにします。

     

太股の裏の筋肉を中心に、色んな筋肉が緊張するのが分かりますね。

 

そしてもう一つは、椅子に座って膝の間に電話帳を挟むだけ

 

5センチほどの厚さの電話帳を膝の間に挟むことによって、太股の内側の筋肉を中心に鍛えられて、脚痩せできたと言います。

 

こちらがそのテレビ番組の動画です。

 

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』