木のポーズとは?

木のポーズというのは、ヨガを使ったCMでよく見かけるヤツですね。

 

私が持っているヨガの本では、立木のポーズという名前になっています。

 

簡単に言うと、片足立ちのポーズです。

 

まず両手の掌をあわせて、頭の上に伸ばします。

 

ここでまず、立木のようにまっすぐ立つイメージを作ります。

 

それから手を下ろし、片膝を横方向にあげていき、足の裏をもう一方の足の太股に付けます。

 

股関節の上にのせる方法もあるようです。

 

その後、胸前で合掌してそのままキープします。

 

バランスと脚力と集中が大事だという説明もありますが、脱力ができれば脚力はいらない感じですね。

 

リラックスして地面の上に片足で載っていればいいわけですから。

 

ただし、身体が固いと細かなバランス調整ができませんから、筋力で無理からまっすぐ立とうという事になるんでしょう。

 

ゆる体操でもして身体をほぐさないと無理でしょうかね。

 

まあヨガにはヨガの脱力法があるわけですが、そこは家ですから、何でも取り入れてやれば良いと思います。

 


広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』