ゆる体操のいろいろ

ゆる体操の創始者、高岡英夫先生のテレビ出演での紹介。

 

椅子に座って行う、足首クロスすりすり体操なるもの。

 

靴を脱いで、椅子に浅く座って、足を前に投げ出して座る。

 

一方の足首を、もう一方の足首に乗せてクロスする。

 

そのあと、ふくらはぎとスネを(小さく)擦り合わせる。

 

「気持ちよーく、気持ちよーく」と呟きながら、気持ちよさを感じながら擦り合わせる。

 

腕支え腰モゾ体操(ゆる体操)



大東流柔術をやってた筆者の経験から言うと、こういう動きは、大きく動かすよりも、細かく動かす方が良い。

 

というのも、小さく動かすと、身体の奥の腰腸筋(大腰筋)などのインナーマッスルが連動しやすい。

 

たとえば犬や猫がブルブルと震えるときに、身体の中のインナーマッスルを動かす。

 

我々人間も、ビックリして大声を上げたり飛び退いたりするときに、インナーマッスルで動く。

 

インナーマッスルを使えるようになると、外側の大きな筋肉で無理矢理動かすよりも、スムーズに身体を動かすことが可能になる。

 

目ユルユル体操 高岡英夫先生出演

このエントリーをはてなブックマークに追加