パニック発作は、発作がさらに発作を呼ぶ

パニック発作は心臓をきゅーっと締め付けます。

 

発作と名が付くものはみんなこうです。

 

しかし心臓自体に問題があるのではない。

 

なので呼吸を整えてみようとします。

 

ところが自分の身体に意識を向けさせ、いっそう息苦しく感じさせてしまいます。

 

今度は筋肉をリラックスさせようとしてみます。

 

両肩をギュッと緊張させて10秒そのままの状態を保ち、それからゆるめます。

 

それでも何も良くなりません。

 

対処テクニックがなくなっていくという事実が、あなたのパニックを悪化させていきます

 

もしあなたがあなたの家族によって囲まれていたなら、あるいは非常に親しい友人が隣りにいたなら、あなたはもっと自信を持って、この状況に対処できるでしょう。

 

けれども今はいないのです。

 

そしてアドレナリンがあなたの肉体のシステムを通して、こみ上げてきます。

 

あなたの体は心地悪い感じでひりひりしています。



 

そして今完全なコントロールを失うという恐れが、あなたの感情を巻き込みます。

 

あなたの周りの誰もあなたが経験している恐怖にはどうしようもありません。

 

彼らにとってそれは、ただの普通の日であって、いらだたしい食料雑貨店での体験の1つに過ぎません。

 

あなたは選択肢がないことを悟ります。

 

走れ!

 

あなたは列で恥ずかしい思いをすることからあなた自身を逃がさなければなりません。

 

自分が支払いをする番なのですがあなたは買い物かごをあとにして、ドアに向かってフラフラ歩きます。

 

レジ係は困惑しているようですが、あなたは1人である必要があります。

 

あなたはスーパーマーケットから離れて、一人でパニック発作を乗り越えるためにあなたの自動車に入ります。

 

あなたはこのパニック発作が大きいかどうかと考えます。

 

あなたの恐れは精神的かつ肉体的に、ギリギリまで追い込むでしょう。

 

そして10分後にパニックは静まります。

 

があなたはその日一日、どうすればいいんでしょう?

このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』