不安が起こる、様々な原因とは?

不安は様々な方法によって引き起こされます。

 

ストレスが存在することは、明らかにあなたの生活に、不安な考えを抱かせるます。

 

不安障害で苦しむ多くの人々は、行き過ぎた悩みによって心が占拠されます。

 

健康問題や仕事問題から世界に関することまで、どんな種類のことでも不安に思うことがあり得ます。

 

薬に類するモノは嗜好品や医薬品を問わず、不安に効果があると同時に副作用もあります。

 

だから不安を取り除く作用のある薬であっても、逆にこれによって不安が生じたりします。

 

不安を緩和させたり増幅させるような薬には、カフェイン、アルコール、ニコチン、風邪治療薬と充血緩和劑、ぜんそくのための薬 、三環系抗うつ薬、コカイン、アンフェタミン、ダイエットピル、ADHD薬や甲状腺薬があります。

 

また貧しい食生活によって、ストレスあるいは不安が起こることもあります。

 

たとえばB12が低レベルだと、ストレスや不安が起こったりします。

 

パフォーマンス的な不安としては、テストを受けること、あるいは人前でプレゼンテーションをすることのように、特定の状況と関係があります。

 

テストで失敗しやしないか、発表で失敗しやしないか、そう言ったことを考え出すと、不安になります。

 

心的外傷後ストレス障害、通称PSTDと呼ばれるものもあります。

 

これは戦争や身体、あるいは性的な暴力、自然災害のような心の痛手となるイベントの後に発展するストレス障害です。



非常にまれなケースですが、腎臓の腺の腫瘍が不安の原因になる場合も。 これは感情と不安の徴候に関して分泌されるホルモンが生産過剰になるために起きます。 不安がまだそれほど大きくないはずなのに、さらにますます恐しく感じるのは過度の不安です。 そしてストレスは憂うつを引き起こします。 憂うつで苦しむことは生涯の争いです。 しかし心配しないでください。 このすべてが処理しやすいものなのです! それでは、あなたがあまりに多くのストレス、過度の不安、あるいは憂うつで苦しんでいるかどうか見るため小テストをやりましょう。
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』