ストレスに対する反応は、人によって異なる

もちろん我々がストレスの下にいるからといって、いつも極端に反応するわけではありません。

 

我々がストレスが多い状況に直面させられたからといって、いつも大きいプレッシャーや恐れの下にいるワケでもありません。

 

また他人よりストレスに敏感な人々もいます。

 

ちょっとした普通の毎日の決定さえ、克服できないような決定に思う人もいます。

 

何を夕食に食べるべきか、あるいは店で何を買うべきか決めることは、彼らにとって途方もないジレンマです。

 

その一方でストレスの下にいることで、大いに生産的になりプレッシャーによってドンドン行動するような人々もいます。

 

研究によると子供と一緒にいる女性たちは、子供と一緒にいない女性たちより、血液中のストレス関連のホルモンのレベルが高いことを示しています。

 

これはもちろん子供たちがない女性たちが、ストレスを経験しないということではありません。

 

また子どもがいない女性たちが、子供たちと一緒の女性たちが受ける程度のストレスを経験していては体が持ちません。

 

子供たちと一緒の女性たちのために、あなた自身のスケジュールを合わせることが、特に重要であることを意味します。

 

あなたはあなたの子供たちの面倒を見て、親であることに毎日挑戦するのにちょうどいいのです。

 

立ち向かえばあなたのストレスレベルも減少するでしょう。



不安は心配の感情です。 みんなストレスが多い状態に直面した経験を持っています。 たとえば試験や発表の前、あるいは病気のような不安な時間、難しいことや危険な何かに直面するとき、不安に感じることは普通です、また穏やかな不安は確かな、そして有用な経験であり得ます。 しかしながら多くの人々にとって不安は通常の生活を妨げます。 過度の不安はしばしば憂うつのような、他の精神状態と結び付けられます。 それが非常に長期にわたっておこったり、あるいはひどかったり、ストレスが多いイベントがないときにも起き、不安のために毎日の活動が妨げられているとき、その不安は異常であると考えられます。 不安によって引き起こされる身体の症状は、「戦うか逃げるか」という行動を行うための準備です。 心臓、肺と体の他の部分は、より活発になり、脳はアドレナリンを含むストレスホルモンを放ちます。 それから過度の不安があるかどうかは、次のような事も判断材料になります。
  • 下痢
  • のどが渇く
  • 心臓がドキドキしたり、鼓動が速くなる
  • 不眠症
  • 短気あるいは怒りやすくなる
  • 集中することができなくなる
  • 「頭がおかしい」んじゃないかと恐れる
  • 非人格化と呼ばれる非現実的な行動、行動が管理できない感じ
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』