自己催眠で、リラックスする方法

不安障害にうまく対処するために私が気づいた、もう1つ大きなリラックス法があります。

 

それは自己催眠です。

 

数週間前に私はストレスと不安で特に途方に暮れているように感じていました。

 

何をやってもうまく行かないような気分でした。

 

私は自分自身をコントロールができなくなっているように感じました。

 

私はたまたまその時ヨガと瞑想についての本を書いていて、また催眠術のリラックスセッションの音声ファイルを提供したウェブサイトを見つけました。

 

それを20ドルで購入したのですが、それは私が今までに使ったことがある最も価値ある20ドルになりました!

 

インターネット上であなたは小額の料金でこれらのダウンロード可能なセッションを得ることができるたくさんのサイトがあるのですが、あなたは独力で同じく自己催眠を練習することもできます。

 

まず最初に静かなあなたが完全にリラックスして、そしてあなたの内面的な声を聞くことができる場所を見つける必要があります。

 

あなたは何かを始めようとしないで、心を聞いてリラックスしてください。

 

この催眠術を成功させるには、自然に起こることに従ってください。

 

また自分が催眠状態にあるのかどうかを確かめるようなことはしないでください。

 

そんなことをすると完全なリラックスや自己催眠の利益を得ることはできないでしょう。



催眠を経験するには、たくさんのいろんな方法があります。 2人の人々がまったく同じ経験を持っていないでしょう。 けれども1つの点で皆が同じ経験を持っています。 それは催眠術の状態は常に楽しいってことです! 催眠には「不快な旅行」がありません。 自己催眠はスキルだと言うことを心に留めておいてください。 続ければドンドン上達し効果はドンドン上がります。 練習時間を決めることは良い考えです。 10分から30分の間で練習してください。 練習時間は、そのときの事情に合わせて選んでください。 もし可能であれば一日のうちで一番いい時間帯に練習してください。 他のものにわずらわされないような時間帯が最適です。 たいていの場合、可能な限り気が散らない場所で、横たわって練習をすることが最も良いでしょう。 もしあなたが練習する間に、あなたが騒音によって悩ませられるなら、別の音を流して練習してください。 ステレオの音楽やホワイトノイズでも構いません。 ホワイトノイズというのはテレビやラジオの砂嵐の時のような音です。 ざーっと言うあれですね。 では次から自己催眠のやり方をお知らせしましょう。
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』