パニック発作の前兆『ひりひりした感覚』や、『息切れ』、『断絶』を、覚えておこう

もしあなたがパニック発作を起こした経験があったとしても、心配しないで。

 

あなたは1人ではありません。

 

アメリカでは5%もの人々が、何らかの形の不安障害で苦しんでいると推定されているのです。

 

ある人々にはパニック発作は、他人の前で話さなければならないような特定の状況で、突然起こるモノかも知れません。

 

一方他の人々で、パニック発作が非常にたびたび、周期的に起こるので、家から出れないこともあります。

 

頻繁なパニック発作は、不安障害であると診断されるかも知れません。

 

不安障害にうまく対処する多くの方法があります。

 

ある対処法が、あなたに合うかどうかはわかりません。

 

が他のものなら合うかも知れません。

 

もっとも一般的な対処テクニックのうちのいくつかを知れば、パニック発作が始まったときに対処することができます。

 

あなたの最初のステップは、パニック発作がいつ始まろうとしているかを認識することです。

 

いつ始まるのかが十分にわかれば、『ひりひりした感覚』や『息切れ』、『断絶』に、注意を払い始めるでしょう。

 

私が話した多くの人々は、この『断絶』というものがどのようなものであるかと思うでしょう。



これを理解するのは難しいですし時間がかかります。 しかしパニック障害を経験している人々には、ものすごくよくわかるのです。 それは頑丈な物体を見て、それが見えるということです。 あなたはそれがそこにあることを知っていますが、心のどこかでそれが本当にそこに存在するのかと疑っているのです。 あなたは物体が存在するのか確かめるために、物体に触れようとしているのかも知れません。 あなたは周囲の世界の一部ではないように感じます。 まるであなたはあなた自身の生活の見物人であるかのように感じて、コントロールができません。 これが『断絶』です。 信じてください、これはもう恐ろしい感覚なんです。
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』