笑いヨガのコツ 健康効果を上げるポイント

笑いヨガストレス解消

 

笑うことによる健康効果はいろいろ確認されているが、基本的に「本物の笑い」でないといけないらしい。

 

心から笑わないと、脳はリラックスしないらしい。

 

苦笑いや作り笑顔ではストレス解消にならないと言う。

 

その理由は、人間には本物の笑いとニセモノの笑いを区別する機能があって、ニセモノの笑いに対しては身構えてしまうからだという。

 

本物の笑いとニセモノの笑いは

  • 目が笑っているかどうか
  • 左右対称になっているかどうか
と言う点が違うので、これを笑いヨガでは修正して笑う。

 

まずは左右対称に笑えるように、顔の筋肉をマッサージしてほぐす。

 

ポイントは眉間とほお骨の周辺。

 

眉間のしわは、まゆ毛を両手の指で外側に軽く開くようにマッサージしてほぐす。

 

ほお骨の周辺は、両手の指で円を描く様にマッサージしてほぐす。

 

左右対称に柔らかくなると、笑いも左右対称になると言う。


 

他にも笑いヨガの健康効果を出すポイントはいくつかある。

 

目から先に笑う
自然な笑いは目から先に笑う。

 

目が笑っていなければダメ。

 

2時間ごとに笑う
笑いの効果は2時間くらい持続する。

 

なので2時間おきくらいに笑う習慣を作ると、一日中効果が持続する。

 

柑橘類を食べる
柑橘類にはリモネンという香り成分が含まれていて、これがリラックス効果を持っている。

 

またアロマではベルガモットが良い。

 

笑いヨガ ラフターヨガ 動画
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』