ストレス解消自己催眠の方法(2)暗示と終了

ストレス解消のための、自己催眠法の続きです。

 

リラックスして、それをより深くして催眠状態に入ったあとです。

 

3.自己催眠での暗示方法あなたが催眠状態を深くするのが終わったら、あなたは暗示を使う準備ができています。

 

あなたがリラックスし催眠状態になるのは、暗示を受け入れやすくするためです。

 

つまり今、あなたはほんの少し暗示を受け取れるように潜在意識の心を開きました。

 

暗示を使う最も普通の、そして最も簡単な方法は、事前に内容をしっかり練って、適切に準備して、言葉を選んで表現されて、そして記憶されるようにすることです。

 

暗示はどちらかと言うと短めで、あなたが覚えやすいモノにしてください。

 

一言で理解できるようなものです。

 

「あなた」と言わないでください。

 

「私は」と言ってください。

 

ダイエットの暗示なら「私はさらに少食にして、そして毎日いっそうほっそりしていく」のように「私は」で始めてください。

 

もう少し長くてもいいでしょう。



「食物が毎日私にそれほど重要でなくなっています、そして私は私の時間を食事より多くの重要な、そして有意義な追求で満たしています。 デザートと他の肥満のもととなる食物を食べないことは簡単で、またどんどん簡単になっています」.一般的に言って、最も有効な種類の暗示はイメージ暗示です。 イメージ暗示は普通まったく言語を使いません。 あなたはこれを混沌とした状況の真ん中に、冷静なリラックスした状態の中にあなた自身を見ることにたとえることができます。 実際にあなたの想像力であなた自身を見てください。 暗示ですぐに効果が出ない場合もあります。 しばらく時間がかかる場合もあります。 しかし2週間たっても項から敷物がなかったなら、暗示の内容を変えてみてください。
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』