パニック発作は、こんな風に起こる

パニック発作は非常に強烈です。

 

多くの人が心臓発作ではないかと考え、病院の緊急治療室に向かいます。

 

それほどパニック発作というのは激しいのです!

 

あなたの愛する家族が、あなたがパニック発作を起こしているとき、あなたが何を感じているのかイメージするのは非常に難しいのです。

 

家族はあなたと一緒に慌てて、あなたに「それを乗り越える」ように言うか、あるいはあなたが騙していると考えるかもしれません。

 

これはパニック発作を持つあなたにとって困ったことです。

 

たとえ話をさせてください。

 

あなたは食料雑貨店で並んで立っています。

 

長い待ち時間でした。

 

しかしあなたがレジに行く前に、1人の顧客が割り込みました。

 

待ってください、なんです?不快な感情が、のどに現れます。

 

そしてあなたの胸は締め付けられる感じがします。

 

突然呼吸が短くなり、そして心臓の鼓動が速くなるのを知ります。

 

「済みません、ここじゃないですよ」あなたは自分の領域をすばやく確認します。

 

これって、ちょっと悪い言い方?振り返ると 4つの非友好的な顔があなたの後ろにあります。

 

そして1人の人が正面にいます。

 

しびれがあなたの左腕を通してあなたをちくりと刺すように思われます、あなたは少し目まいを起こし、そして恐れが爆発して、恐怖が最悪に達します。



この時あなたはパニック発作を起こす寸前です。 あなたの心にパニック発作が大きくなっていくのは、疑いようがありません。 でも大丈夫。 あなたがフォーカスを合わせる時間です。 あなたはどのようにこれを取り扱うべきか知っています。 深く呼吸し始めてください。 口から息を吐き、鼻から空気を吸ってください。 リラックスできる考えを思いだしてください。 そして再び吸い込み「リラックス!」 と思ってください、そして次に息を吐き出してください。 これで収まるはず、、なんですが、、
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』