パニック発作は、突然起こる

もしあなたがパニックあるいは不安攻撃で苦しむなら、前回のシナリオはおそらく非常に親しみがあるように聞こえます。

 

もしかすると不安の感情を誘発して、ただこれを読んでパニックを起こすかもしれません。

 

実際私がこれを書くのは難しかったのです!

 

あなたがパニックと不安を引き起こす状況は、私の場合とは異なるかもしれません。

 

多分身体の感覚は少し異なっているでしょう。

 

ただ理解すべき重要なことは、パニック発作を持っている人々には、これがまさに本当のことなのです。

 

そしてこれを決して簡単に脇にのけるべきではないということです。

 

私はある晩のことを覚えています。

 

大好きなテレビ番組の1つを見ていたときでした。

 

私は私が安全な場所にいたと思いました。

 

ハッキリとしたパニック発作のトリガー(引き金)はありませんでした。

 

私は完全にリラックスしているように感じていました。

 

ところがどこからともなく、私はパニック発作の兆候が現れ始めました。

 

私のリビングルームの4つの壁が私の囲に迫ってきました。

 

私は呼吸することができませんでした、そして私が死に瀕していたように感じました。



私は新鮮な空気を吸うために私は前のポーチの上に出ました。 そして深呼吸を始めました。 パニック発作の兆候は結局は消え失せました。 しかし困惑は残りました。 私がなぜそのパニック攻撃を受けたのだろう? ハッキリした理由はありませんでした。 ストレスが多い状況もありません。 パニック発作が起こるような差し迫った指標はないのです。 パニック発作は奇妙です。 時々あなたの心は、あなたにいたずらをするのです。 あなたはあなたがパニックに襲われる危険の中にいないと思うときでさえ、あなたの脳は異なった感じ方をしているかもしれません。 これは恐しいです。 ただ幸運なことに、そのような状況になったときに、パニック発作と戦って、ずっと良く対処することができる方法があるのです。
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』