ストレスの慢性化は、病気につながる

慢性のストレスは、体の免疫機構の機能を妨げます。

 

これは健康心理学雑誌に発表された報告です。

 

研究によると、ストレスがたまっている個人は、病気にかかりやすいと言います。

 

そしてアレルギーや自己免疫病(リウマチなどの膠原病?)、あるいは心臓の血管の病気にかかりやすいあることを証明しました。

 

医者たちは慢性的にストレスを受けている間に、消化器や免疫のシステムのような、生存にとって本質的でない体の機能が二の次にされるという意見に賛成です。

 

「ストレスは人々が病気になる原因です」、と医者は言います。

 

「その他にも心身症的な病気の原因はたくさんあります」。

 

さらにストレスは人々が不健康な生活を送ることを促進します。

 

アルコールや、良くない食事、運動不足です。

 

これによって、ストレス自身によってすり減り、身体にもダメージを与えるわけです。



ストレスは日常生活の一部です。 ストレスとは、我々が健康を維持するために、身体が反応するというものなのです。 プレッシャーは人生を通じて起こります、そしてこれらのプレッシャーがストレスを起こします。 あなたはあなたの生涯からストレスがなくならないと言うことを、悟る必要があります。 しかしあなたはそのストレスをより健全な状況に変える対処テクニックを習得することができるのです。 私は何年もの間、ストレスによって起こされた不安障害で苦しみました。 私は常に新しいことを学んで機械も使いましたが、不安障害にうまく対処する方法を学びました。 この本で紹介する私自身の経験と、専門家からのアドバイスと組み合わせることによって、多くの人々が苦しむ身体を衰弱させる不安とパニック発作に直面することができるでしょう。 私自身が学んだ人生からストレスと不安を排除する方法を、これから紹介します。
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』