パニック発作とは?

過度のストレスと不安による不運な結果として、物理的反応が肉体に起こる。

 

これはあなたの身体が「ちょっと休みをとる必要がある」とあなたに教えているのである。

 

あなたがパニック発作を起こしているときでなければ、それはただの安らかだというだけだ。

 

私が最初にパニック発作を起こしたのは、夫と私がセントルイス・ラムズのフットボールの観戦から家に戻る間でした。

 

家まではあと30マイルでしたが、ちょっと「オフ感」を感じ始めたのです。

 

私は呼吸困難を起こしはじめました、体はバラバラの感じがしました。

 

私の心臓はドキドキが止まらず、たった1時間が90マイルもの距離があるように思われたものでした。

 

私はハイウェーの片側にバンを止め、外に出て「歩いて直す」ことを望みました。



けれどもそれはうまくいきませんでした。 何をしようとしても私は自分の呼吸をコントロールすることができなかったのです。 私は私が死に瀕していたように感じました。 私は繰り返し何度も言ったことを覚えています、「どうか今ではなく。 私は用意ができていません。」 それはぞっとするようでした。 ただ明らかに私は死につつあったわけではありませんでした。 けれどもその夜が恐ろしい旅行の始まりでした。 過度のストレスと不安に私の身体が反応しだしたのです。 その時から私は多くのパニック発作を(これまでに)起こしています。 しかし私はまたパニック発作を認識する方法とそれをコントロールする方法を学びました。 私は完全にパニック発作をコントロールすることができるわけではありませんが、しかし以前よりはるかに楽に対処できます。 それではあなたがパニック発作を起こしているかもしれないというサイン(兆候)をあげましょう。 次のリストは接近中のパニック攻撃の警告サインです。
    動悸ドキドキしている心臓、あるいは加速された心拍数汗をかきます震えている、あるいは揺れている息切れ窒息している感覚胸痛あるいは不快吐き気あるいは胃痛否認識(非現実性の感じ)制御を失うか、あるいは頭がおかしくなることについての恐れ死の恐れしびれあるいはひりひりすること大胆な感覚と手足悪寒あるいは体のほてり
NEXT:パニック発作は、こんな風に起こる
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』