ストレスを管理する3つのアプローチ

この章で、多くの提案をします。

 

全部があなたの役に立つとは限りませんが、いくつかはうまく行くことでしょう。

 

まずストレスを管理するための3つの主要なアプローチがあります。

 

最初は動き指向のアプローチです。

 

この方法でストレスを引き起こす問題が識別され、ストレスフリーな生活に必要な変化ができあがります。

 

ストレスを引き起こしている問題が何であるか、それをハッキリ認識するだけでも、ストレスの害は大きく減らすことが出来るかも知れません。

 

敵を知れば、それだけでも心というのは別の方向に向くものですから。



次のアプローチは感情的な指向です。 人間はストレスを起こした経験それぞれに異なった色を与えることによって、ストレスを克服するのです。 ストレスを起こす状況をユーモラスに、あるいは異なった角度から見るのです。 私は特にストレス管理へのこのアプローチを提唱します。 ある状況でもしあなたが笑わないなら、あなたは泣くでしょう − 手に負えないほどに。 それは解決ではありません。 それで宿命の代わりに、ユーモアを見ることを学んでください。 3番目の方法は受け入れ指向のアプローチです。 このアプローチは過去に起こったいくつかの問題を原因とするストレスに対して、生き残ることに焦点をあてます。
このサイトでは、アメリカのストレス健康情報を翻訳した情報を載せています。医療情報ではありませんので、ご参考程度にお読みください。
広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの肌潤風呂 保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』